読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひであ観察日誌

ひであの観察日誌です。自転車やペンギン、同人サークル「春うらら」の告知もこちらでおこないます。

ペンギンと自転車と同人活動の観察記録

全日本マウンテンヒルクライムin乗鞍

2年ぶりの乗鞍、「全日本マウンテンヒルクライムin乗鞍」へ入ってきました。

今年は、RAW (Race Across the West) のクルーを務めたことで富士ヒルへ参加できなかったこともあって今年のヒルクライム車坂峠以来の2レース目。この後を含めても、9月末の赤城山と合わせて3レースとちょっと寂しい参加数。
そのせいもあっていまいちヒルクライムへのモチベーションが上がっていません。体重はベストから3kgほど重く、ローラーもまわしていないので脚も無く、走る前からタイムのことは考えていませんでした。

それもあって脚は温存せず、乗鞍へは自走で行くことにしました。

Untitled

夜になったらすぐに寝て日が変わる前に起床、0時過ぎに家を出ます。自走の目的地は乗鞍高原ではなく新島々駅、240km。この先の乗鞍までのトンネルを自走したくないのでそこからはバス輪行をするつもりです。

Untitled

皇居を抜けて、多摩川を越えて、尾根幹を通過して相模原湖の畔。夜とはいえ湿度もあって快適とはいえませんけど、昼間走るよりはましでしょうか。

大月の手前で夜明け。夜の内は星も見えていた空は、残念ながらどんより。雨雲レーダーをみると、ぽつぽつと雨雲が出ています。

Untitled

ちょっぴり降られたものの、夜も明けきったところで笹子トンネル。少し車も増えてきていた時間帯だったので3kmのトンネル内はちょっと怖かった。 

甲府、韮崎を抜けて、今日の目的地、水信玄餅っ!! もとい、金精軒 本店!

Untitled

家を出てから180km、ちょうど開店時間の9時過ぎに着きました。

Untitled

が、人が凄い。並ぶとは聞いていましたが、ここまでとは。受け取った整理券は135番。家族連れも多いので、人数だと300人くらいでしょうか? 案内は10時過ぎになるとのこと。 待機している間、周辺の造り酒屋さんや売り場を覗いて我慢できずにみたらし団子を買ってしまったりとのんびり。

そうしている内に雨が…。なんでも今年の水信玄餅の日(6〜8月の毎週末の土日のみ)に雨が降るのははじめてじゃないかなと。ただ、いざとなればすぐ近くを走っている中央線で輪行すればいいと思っているので気は楽です。

雨で案内が少し遅れて10時過ぎ。番号が呼ばれて会計。1個 300円。

そして来ました。


金精軒 水信玄餅 ぷるぷる

ぷるぷる震える透き通った物体。お盆を揺らしているだけでも楽しいのですが、口に入れるとほろっと崩れる感触。おいしく頂きました。

雨は小康状態ですが、雨雲レーダーをみると長野方面は帯状の雨雲が横たわっているので、大人しく6km北にある中央本線 長坂駅へ。…と気楽に考えていたら50mくらい上らされましたけど。

そういえば今日は「PDW ビンドルラック」というシートポストラックとでもいえばいいのでしょうか。そのラックに「SEA TO SUMMIT ビッグリバードライサック」という8Lのドライバッグ *1 を付けて走っていました。

Untitled

こんな感じで、見た目は最近流行の大容量サドルバッグ、自分も「REVELATE DESIGNS Viscacha」を持っていますが、積んだ時の見た目はそれに近い。

これとの違いは左右に振れないこと。あと、シートポストアダプタとラックの接合は固定されていて上下に稼働します。逆に下の加重は、ビスカチャと同じようにサドルで受け止めているので、シートポストへの負荷は比較的少ない。「TOKEAK DynaPack DX」のように2万キロ程度でフレームが折れてしまうことは無さそうです。

Untitled

あとこのように輪行時もラックは外す必要はありません。シートステイに沿ってベルトを巻けば、いつも通り輪行袋に収まりました。

松本駅まで鈍行で、そこからアルピコ交通上高地線に乗り換えて新島々駅へ。ここではスイカが使えないのを完全に失念していて、後日、JRの窓口で精算が必要に。

Untitled

新島々駅からはバスに乗り換えて、

Untitled

乗鞍高原に到着。14時過ぎ、だいたい予定通りです。

受付をして軽く3本滝くらいまで走ろうかと思ったのですが、小雨が降ってきたので断念。意志薄弱。代わりに財布の中の現金が心もとなかったので、途中で見かけたJAのATMまで下って…

Untitled

ATM自体が廃止されていました。…数年前に。代わりのATMは16km先だそうです。ううむ、遠い。

再び受付に戻って辺りを見渡すとTさんを発見! これ幸いと胸ぐらを掴んでかつあげ…もといちょっとお借りしました。胸ぐら掴んでません。すいませんありがとうございます。

Untitled

会場から500m先の宿にチェックイン。ここにお世話になるのは今年で3回目です。相部屋で予約をしたはずが、部屋に空きがあるとのことで1人部屋になりました。相部屋で他の人とわいわい話すのも楽しかったので、ちょっと寂しいかも。

Untitled

装備を全部外して軽量化。

Untitled

なんだかんだ200kmは走った疲れもあって、夕飯を食べて布団に入ったところで落ちました。

 

夜明け前に目が覚めました。外を確認すると雨は降っていません。

Untitled

5時に朝飯を食べて、6時に会場へ。曇ってて靄も出ていますが雨が降りそうな気配はありません。今年は4年ぶりのフルコース開催になりそうです。

Untitled

乗鞍の方を見上げると稜線の辺りに晴れ間が覗きます。気温もほどよく、シュートスリーブジャージのまま待機できるほど。ウインドブレーカーも下山荷物を預けてしまいました。

天候が悪くなることも無く、無事、7時にスタート。チャンピオンクラスが飛び出していきます。あいかわらず凄い勢いでカーブの先へ消えていきました。 

40分ほど待って、自分のクラスもスタート。

スタートして気がついたのが、パワーセンサーがサイコンに反応しません。北海道1200の後に交換したはずだけど、うーん、しまった。今日はタイムこそ狙っていませんが、現状のステータスを確認するためにもパワーを計測しておきたかったところ。

Untitled

特別、書くことも無いので、ゴール。

我ながら酷いタイムでした。体重はベストより4kg重いのとヒルクラ用のトレーニングはサボっていたのもあって、タイムが出るとは思っていませんでしたが1時間15分ちょっとくらいでは走れるのでは? っと思ってました。

…、1時間24分。これって富士ヒルだと下手するとブロンズより遅いかも。

いづれにしても、久しぶりにサボるとてきめんタイムが出ないってことを思い知りました。来年リベンジ!!

Untitled

来年もフルコースだといいな。

Untitled

下山をして、装備を戻します。天気が悪かったら大人しくバス輪行で松本へ戻るつもりでしたが、いい天気。

Untitled

予定していた帰路で帰ることにします。乗鞍上高地スーパー林道 A区間を経て木祖村へ。

Untitled

途中で、パンクしました。

Untitled

気を取りなおして、スーパー林道を抜けて、

木祖村

Untitled

なんかSLがありました。

藪原駅へ到着。

Untitled

次の電車まで時間があったので、近所の道の駅でざる蕎麦。おいしい。

Untitled

あとは藪原駅から、塩尻駅で特急あずみに乗り換えて戻ってきました。

*1:日本代理店オススメのブツ。

車坂峠ヒルクライム

自転車 ヒルクライム

GWの Bike Across Japan 2400 はおいおいレポートする予定です。なんとか完走することが出来ました。

 

ということで先にこの週末に開催された、車坂峠ヒルクライム に参加してきました。毎年、小諸へ来るようになって3年目です。

GWの直後に開催されるこのヒルクライム、一昨年は近畿1000kmの後。昨年は九州のヘブンウィークの後。今年はBAJ2400の後とだいたい残留疲労が心配なタイミング。一昨年は杞憂だったのですが、昨年は疲れが取りきれないのと直前に通勤で落車した影響でぼろぼろでした。

ただ今年、実はBAJ2400の後半600km、北海道に入ってからの3日間は、1日の走行距離が200kmまで落ちてそれまでに溜まった疲労が回復したりして、完走してから1週間で脚はフレッシュ。

…でも今年は富士ヒルにもエントリーできず、春からロングライドのことしか考えていなかったためヒルクラ用の負荷トレーニングはまるっきりできていません。正直、高負荷を踏み続けることができる気がしません。

あと体重がヒルクラベスト(68km)から+3kgとありえないくらいの檄重っぷり。モチベーションが上がらないと減量する気になりませんよね? ね?

こんな状態で、さて、どこまで踏めるのやら。

 

週末の天気は上々。赤羽から高崎まで輪行して、自走で碓氷峠を越えて小諸へ向かいます。

Untitled

途中、安中でタレカツ丼。

Untitled

めがね橋を越えて、

Untitled

前日受付。

Untitled Untitled Untitled

シフォンケーキメメ、喫茶こもろ、懐古園にある小諸動物園でペンギン充して、

Untitled

宿へチェックイン。

日の出ているうちから風呂にはいってだらだら過ごしていたらいつの間にか寝落ちしていました。

 

当日も朝からいい天気。 

Untitled

標高1000mになるスタート地点でもちょっと肌寒いくらいの気温は、ヒルクラとしてはちょっと暑いくらいになります。それもあってボトルには水を。飲むようというより、身体に掛けるようです。

 

9時半にスタート。

スタートからしばらくは斜度が緩やかなので、少し無理をして前の人に付いていきます。

斜度が上がったところでマイペースへ。

心配していたものの、踏めているようです。心肺もついていってる感じ。

そう思っていたのですが4kmを過ぎたあたりからじわじわと出力が落ちてきます。

さらに8km手前、スタートから35分のあたりでお尻側の筋肉が痛くなってきて大きく出力が落ちてしまいました。ヒルクラではよく痛くなるのですが、ここまで出力が落ちるのは始めてです。

しばらく緩めていたらまた踏めるようになりましたが、さすがに元の出力には戻りませんでした。

汗だくになりながら踏めるだけ踏んで、ゴール。

昨年より2分、一昨年の個人ベストと比べると7分も遅い56分台。

体重分が2〜3分だとして、残りは純粋に脚が足りなかったのだと思います。今日出せるだけの脚は出しました。サボってちゃダメって事が改めてわかっただけでも有意義です。

Untitled

標高2000m、ゴールの車坂峠の空気は疲れた身体を心地よく冷やしてくれます。

冷やしすぎると風邪を引いてしまうので着替えて、下山。

Untitled

受付があった信州青少年の家でランチパーティー。あいかわらず上った以上のカロリーで満足です。

Untitled

帰りも軽井沢を越えて高崎まで自走。平地用の脚は残っていたのか1000m分下ったとは家、グロスで27kmhで着いちゃいました。

予定より30分早い電車で輪行することができました。

 

今年のヒルクラは8月末の乗鞍までありません。

間に Race Across the West のクルーで渡米したり、北海道1200kmのリベンジとかがあったりしますがせっかくの乗鞍、4ヶ月でもうちょっとマシな脚にしておきたいと思っています。

 

BRM416足尾300

自転車 ブルベ

Bike Across Japan 2400 前に走る最後のブルベ「BRM416足尾300」を走ってきました。

ウォームアップ

今年ここまで走ったブルベは 200km、300km、400km を1本ずつ。PBPイヤーだった昨年と比べると走り出した時期も遅く、正直、昨年の4月と同じ脚が出来ている気がしません。不安しかありません。

だから、せめて仮想でも600kmを走っておこうと、前日に房総半島を290km走ってきました。

Untitled

朝6時過ぎに家を出て「(勝手に)BRM415ビンゴバーガー300」

20時過ぎに帰宅して、風呂には行って存分に補給をしたら即寝しました。

当日

起きて、葛飾大橋へ。

Untitled

家から14km、近くて嬉しいAJたまがわ東葛班ブルベです♪ *1

2014年の台風で途中キャンセルとなった北海道1200からお世話になっている、うわんさんが主催。PBPでも復路のケディヤックでばったりあったりもしました。

Untitled

うわんさんのゆるふわブリーフィング。ポイントは「初めての300kmでもなんとかなるけど眠くなったら仮眠を取ろう!」

ちなみに、すっかりフォトコントロールの存在なんて忘れていました。キューシートやeTrexにも入れていないので、忘れないようiPhoneの位置TODOに登録しておきます。

車検をしてもらったらスタートです!

Untitled

今日の装備は、ひさしぶりに「Revelate Designs VISCACHA」をサドルバッグに採用しました。入っているのは輪行袋とレインウェアだけですけど。 

実はまだ、BAJのサドル(シートポスト)バッグに何を持っていこうか決めかねています。…やっぱトピークの「DynaPack DX」かな? 1〜2万kmで折れる不安のあるフレームは新品用意してありますしね。あとバーミッツは昨日着けて走って20℃を越えるとちょっと暑かったので外そう、と思っていたのに忘れてました。

Untitled

走ってます。関宿手前までは江戸川沿いを走ってます。
ただし走り慣れている土手上のサイクリングロードではなく、その下にある車道です。裏道として交通量が思ったよりもあるのに、狭いところも多い道なので気を遣います。
あと昨日の脚のダメージもあって風向きは悪くないのに思ったほどペースが上がりません。

Untitled

利根川と渡って10kmほど先の古河でPC1。

Untitled

さらに北上して鹿沼でPC2。
軽く追い風にのって楽が出来ています。つまり南風です。ただ、イコール、帰りは向かい風ということになるので素直に喜べません。

Untitled

おっ、桜だ!
ここからはじわじわっとのぼって粕尾峠へ。今年初めての1000m越えです。

そういえばPC1辺りからKさんと連れだって走っていました。Kさんも北海道1200からのお知り合い。彼はGWに「本州一周TT(2/3)」を走るとのことで今日もダメージを残さない走りを念頭に置いているとのこと。

Untitled

自分も昨日の疲れであまりペースが上げられないので、せっかくのヒルクライムですが抑え気味にのぼります。雑談しながら走っていたら、峠に辿り着いていました。

粕尾峠を越えて数km、道にものすごく砂が出ていて恐る恐るの走行。特にカーブに多いのが始末におえません。せっかくの下りで平地より速度が出せないのはストレスが溜まります。

Untitled

なんとか怖い区間を抜けて、一気に下って黒保根のPC3。ここは昨年の夏「SR600北関東」で日暮れ前に通過した時以来です。今日はまだ日が暮れるまでには時間があります。ただ今日は曇りがちで、太陽があまり出てくれていないのもあって日が暮れると一気に冷えそうです。

桐生で遅めのお昼…と思って狙って来た「ひもかわうどん屋さん」は調べた営業時間が違ってました。…たまに間違っていてはまるのが食べログの難点。

Untitled

仕方が無いので佐野ラーメンに切り替えました、昭和軒。さすがに空腹だったこともあって、ラーメンが胃にしみます。

Untitled Untitled

順番を間違えました。こっちが佐野ラーメンより先に通過した雪の屋&梅田大橋フォトコントロール。どちらか片方でいいのですが、念のために両方撮っておきました。
iOSのTODOに登録しておいた位置通知は直前にちゃんと機能しました。大量のポイントをお手軽に登録できるなら、PCとか全部登録しておくのも面白いかも。

ちょっとした峠を越えて、あらためて佐野へ。

Untitled

ラーメンを食べ終わって1kmも行かない所にPC4。

Untitled

ここで日が暮れました。

Untitled

関宿まで戻ってきて最後のPC。残り40km、まだ脚はまわるのですが、天気予報を見ると海岸に近づくにつれ南風が強くなるらしいです…よ?

早い時間だと車が多いらしい江戸川沿いの車道は、土曜の夜ということもあって対向車はまばら。助かりました。
でも予報通り、ゴールに近づくにつれ向かい風が…、ひぃ。

Untitled

それでもなんとかゴール、時刻は 22:01。目標は14時間だったのですが1時間遅れは想定内です。

実は前日の勝手300kmのスタートが6:10だったので、ぎりぎり40時間以内で600kmを走った計算になります。
2週間後に迫った2400への不安はたいして払拭されてませんが、少なくとも1000km、3日目くらいまではなんとか走れそうです。後は天気と風向き次第、こればかりは天に祈るしかありません。

Untitled

ちょっと移動してゴール受付。スタッフの皆さんもお疲れさまです。

*1:本当は611の600kmもエントリーしたかったのですが、RAWと被ってしまいました。まあ、RAWじゃ無くても富士ヒルと被ってるんですけど。

BRM402神奈川400 もしかして追い風

自転車 ブルベ

先週末は、名古屋から逗子までを走るAJ神奈川主催の通称、追い風【詐欺】400 を走ってきました。

Untitled

前日に名古屋へ移動。

Untitled

まずは名古屋時代に金山にあった仕事場 *1 のすぐ近くのビジネスホテルにチェックイン。天気が良ければ自転車で移動するところなのですが、あいにくの雨模様。

Untitled

そんな名古屋の桜はちょうど満開でした。ちなみに名古屋で桜といえば名城公園か、

Untitled

ここ鶴舞公園へ移動。

Untitled

駅前のラーメン屋さんで遅めの昼飯。台湾まぜそば

Untitled

夜は名古屋に住んでいた頃を思い出しながら夕方までぶらっとして地元の友人と待ち合わせて、アジアンヌードルの大陸担々麺。自分的な名古屋飯を満喫して宿に戻りました。

当日、
半年間楽しみまくった祥子さま主演のNHK朝の連続ドラマ「あさが来た」の最終回の余韻に浸りながら、チェックアウト時間ギリギリまでごろごろ。

Untitled

チェックアウトして線路沿いの金山公園で輪行を解きます。今日もサドルバッグは軽量仕様、中味は輪行袋と上下のレインウェアです。
残りの装備はフレームバッグに入れてあります。

まずは腹ごしらえ。

Untitled

すぐ近くで見つけたスリランカカレー屋さん。知らないお店だなと思ったら4年前に稲沢からここに移転してきたとのこと。

Untitled

このビリヤニがすっごく美味しい!!!!
近所にあったら通いたかったくらいに好みでした。 

Untitled

満足したところでスタート地点へ。 ここ熱田神宮公園は金山から2kmもありません。熱田区に住んでいた頃もあったので、この辺りも見知った風景…、思ったよりも建物が建て変わったりしました。 おなじみジョーさんとzucchaさん、他にも見知った関東の人たちに加え、東海や関西のランドヌールの皆さんが集まってきます。ちょっと新鮮。

関東から自走してきたzucchaさんに聞くと、今朝も浜松からこっちはずっと追い風だったとのこと。つまりこれから走る方向からは向かい風。 誰もが予想していた通り。やっぱり追い風400になりそうです。

Untitled

お昼過ぎの13:00にスタート。

Untitled

市内を抜けるまではちょっとだけ信号峠。

Untitled

碧南まで南下して東へ。向かい風ですが、何度か信号で離されつつなんとかzucchaさん、ジョーさんの後ろにつくことができました。前に出るとペースが落ちて逆に迷惑なので(と言い訳して)つきっきり。楽ちんです。

Untitled

蒲郡のPC1を通過。

Untitled

浜松のPC2で日が暮れました。

Untitled

御前崎をまわって静岡の手前で峠越え。 明治トンネルを抜けるとシークレットがありました。

Untitled

豚汁を戴きました。胃にしみます。
この後、夜通し走るのはキツいので清水の先にある「駿河健康ランド」で仮眠する予定です。

ここでアクシデント。
幸い自転車のアクシデントでは無く、先月から BAJ2500 に合わせて開発していて今日のこのブルベでもβテストしていた「Randonneur LIVE」が503エラーで落ちてました。サーバを再起動しても復帰せず。スマホ越しでできることも少ないので一端諦めて先へ進むことにします。

ここで zucchaさんが離脱しました。いきなりペースダウンして先に行ってと手招きしたのでどうしたのか、…不安ですがジョーさんと先に進みます。

健康ランドの500m手前でPC3。なんとか日が変わる前にここまで来ました。 朝飯とかを買い込んでいるとzucchaさんが追いついてきました。なんでも胃の調子が悪いとのこと。健康ランドでひと休みしてください。

Untitled

500m先に進んむと健康ランド。実は利用するのははじめて。

Untitled

風呂に浸かって、腹を満たして、寝ました。
ついでに腹を満たしている間で「Randonneur LIVE」の復旧に成功。サーバの再起動時にapache自動起動してませんでした。帰ったら真面目に負荷対策しないと。

昼過ぎゴールのつもりなので逆算して4時過ぎにはここを出るつもりです。 ええと3時半起きだから、睡眠時間は3時間くらいかな? 仮眠室は広めでゆったりしていました。

Untitled

…眠い。 そしてぱらついてます。 天気予報をみて、多少降られるだろうなとは思っていましたが、ちょっと早いですよ。あと雨雲レーダーをみると、沼津の雨雲が濃いめです。この濃さは、どのくらいの降りなんだろう? と思いつつも、いまはパラついているだけなのでウインドブレーカーだけで先へ進むことにします。

Untitled

沼津が近づくにつれ少しずつ降りが強くなってきて、ダメだこりゃとレインウェアを羽織りました。ちょっと判断が遅かったのでウインドブレーカーはびしょ濡れ。ただ気温はそれほど低くないので下半身はそのまま行くことにします。
レインパンツは最後まで使わずに問題ありませんでした。ちなみにその下半身は、モンベルジオラインタイツと普通のビブパンツです。

Untitled

その雨も、修善寺あたりであがりました。路面は濡れていますが、あがってるんです。

Untitled

今日のチマコッピ、冷川トンネルも雨なく越えることに。

Untitled

下って伊東を通過。一昨年、秋雨の天城峠600はここでDNFしました。それ以来。 実は、ここから小田原に出るまでは一部しか通ったことが無く「行けたじゃないか!」と当時のDNF判断を後悔することになるかとも思ったのですが、ぼちぼちアップダウンがあるのは予想通り。当時の素疲れ具合を考えるとDNFして正解でした。

Untitled

熱海に入ったところで最後のPC4。残り80km、睡眠時間が足りていなくてちょっと頭が重め。

Untitled

大ぶりの桜を眺めて眠気を紛らわします。

小田原を通過して、ここまでくればゴールしたも同然、この先は見知ったルートです。あとはゴールするだけ(そうか?) 加えて、ここに来て「やっと追い風」になりました。

Untitled

観光客であふれている湘南、鎌倉を通過すれば。

Untitled

逗子でゴール!!
だいたい予定通りの13時前にゴールすることができました。

ちょっと後ろでジョーさんが、さらに30分後にzucchaさんもゴール。2人とも自分よりかなり後に駿河健康ランドを出ているので、追い上げらてます。

Untitled

帰りはせっかくの逗子、ジョーさんと「ゆうき食堂」でお昼。

のんびり自走で帰宅しました。 たださすがに、六郷橋あたりで眠さに溜まらなくなってコンビニ休憩したり。

脚のダメージはたいしたことないのですが、寝不足から来る頭へのダメージは2日ほど取れませんでした。残り1ヶ月を切ったBAJ2400も、初日はフェリー仮眠の予定なので寝不足になることが必至です。
序盤の600kmが鬼門になりそうですね。

書いてて思ったけど「序盤の600km」なんだよ、おかしいよ!!

*1:現在は名駅近くに移転

BRM326日本橋300 ふらっと関東

自転車 ブルベ

BRM320埼玉300 アタック愛鷹

前日にちょっと身体が重いなとは感じていたのですが、ただの疲労だと思ってました。ここ1ヶ月半ほど大阪と関東を往復する生活でしたし。

朝、2時に起きて入間豊水橋へ。ただ、荒川を15kmほど走ったところで思っていたより体調が悪いのを自覚します。

少し迷ってDNSしました。

帰って熱を測ったら微熱。後の話になりますが、天気予報を信じて雨具を持たずに出ていたので、走った皆さんが富士からの下りで雨に降られていたことを考えてもDNSが正解だったかもしれない週末でした。

よく考えたら、体調不良でブルベをDNSしたのは初めてです。

BRM326日本橋300 ふらっと関東

本題。

連休の内に体調も回復し、朝のスタートは木場公園へ。昨年、見送りに来たことはありましたが、AR日本橋主催のブルベを走るのは初めてです。家から11kmと近いメリットの反面、東京のど真ん中スタート・ゴールなので信号峠、渋滞峠が心配です。

Untitled

集合はスタート15分前。

Untitled

ブルベカードは事前に郵送されているので、車検と出走サインをするとすぐにスタートです。

Untitled

まずは土浦へ。

江戸川を渡河して松戸に入るくらいまでは予想通りの信号峠ですが、この辺りは知っているルートなのでそれほどストレスも溜まりません。

松戸の二十世紀が丘*1で、カウパレードの牛を発見!! …写真は取り損ねました。 

鎌ケ谷を過ぎて利根川を渡って、

Untitled

…あ、利根川を渡る前のPCをはしょってました。我孫子ミニストップ

Untitled

あらためて、本当に利根川を渡って北上。

Untitled

牛久の大仏が見えるとすぐに土浦です。

Untitled

PC2、これで80km。 さあてここから霞ヶ浦ぐるりと40kmほど走ります。はたして本日の風力はいかほどでしょう?

Untitled

運よく風は弱めでした。

霞ヶ浦大橋を渡って南を向いた瞬間、強めの風にみまわれましたが、しばらくすると気にならなくなりました。 ちょうどこの区間、今日がはじめてのブルベ *2 という方と雑談をしながら走っていたからかもしれません。というか、この人は後ろから追いついてきたくらいに速く、次のPCの後でも「ちょっと先に行きます〜」と前へ出てすぐに視界から消えました。
是非、これからブルベにはまって欲しい。

Untitled

話を戻してPC3。
実はこの手前にある「しをみ食堂」でカツカレーを食べようと考えていたのですが。まだぎりぎりで開店前で後ろ髪を引かれながらも通過しました。

霞ヶ浦を抜けると、利根川回帰。

Untitled

茨城側の川沿いを進んで、利根川河口堰で千葉にわたります。ひたすら川沿いに向かうは銚子、犬吠埼

パラっパラっ…、ん? なにか降ってきました、雨? いやちょっと硬めのこの音は霰? ただ、直上の空模様は灰色がかっているものの、まわりには明るいところもあるのでこれ以上降ることは無さそうです。

Untitled

銚子市街では「さのや」の今川焼。海鮮も食べたいと思いつつブルベだと生ものはちょっと悩んでしまいます。単に甘味の誘惑に弱いだけですけど。

Untitled

晴れ間が見えたところで犬吠埼

Untitled

ちゃんとしたお昼を食べていなかったのでイカ焼そばを買って、PCでがっつりお昼。

…を食べていたら、30分後ろでスタートしていたJさんに追いつかれました。 BAJ2400のテストの為に、シートポストバッグにテントを積んでいるとのこと。この後、ゴールまで一緒に走りました。

Untitled

Jさんと会うのはひさしぶりだったので雑談に花咲いていたのですが、その中で彼が最近導入したGARMINのマグネットレスセンサーとeTrex30の相性が悪いという話になります。

ちょうど自分もそのセンサーを使っているので、今日もホイールに巻いているとリアホイールを見ると…

Untitled

視線の先には、PowerTapホイール。 実は先週、左クランク用のパワーセンサー「4iiii PRECISION」を導入したところ。

Untitled

この通り、パワーセンサー×2 な状態です。

サイコンでは PRECISION の電波を拾っているので PowerTap はただの重しです。 いや、百歩譲ってそれはいいんです。元々そんなに重さは気にしていないので。

問題はこの PowerTapホイールに履いているタイヤの方。
ゴムも薄くなったローラー用に下賜したクズタイヤなんですよ、これ。ここまで気づかずに180km走ってしまって今更ですが、残りの125kmをビクビクしながら走ることになりました。

そして数百グラムとはいえ重いホイールとクズタイヤにスタート地点までの道のりも含めて190km気づかなかった自分。…あらためて自転車パーツに対する鈍感力を自覚することとなりました。

この後しばらくまた小雨に降られることになります。路面が濡れるくらいまで降ったものの、レインウェアまでは不要という降り。進行方向の先で雲が切れているのに希望を持って走ります。

Untitled

希望は叶って、成田を通過する頃には晴れ間。

Untitled

PC5はその成田の外れ。日没まで1時間というところです。

Untitled

再び鎌ケ谷を通る頃には日も暮れていました。
ここでJさんがパンク。前輪でなにか踏んだようです。先に行くことにします。

Untitled

鎌ケ谷の先で渋滞で立ち往生したり、

Untitled

行きで撮り逃したカウパレードの牛を撮影したり、していたら都内に入ったところでJさんに再び追いつかれました。

Untitled

ともなって日本橋でゴール!

Untitled

看板に偽りのないフラットなルートで、今日は幸い風も強くは無かったのですが結構疲れました。まだまだ脚は出来ていないようです。 BAJ2400まで残り1ヶ月、時間はありませんがもう少し鍛えないといけません。

 

 

*1:梨に関係がある地名? 関係ありました。

*2:200kmもエントリーしたけど出走できなかったとのこと。

Randonneur LIVE : ツイートの地図へのプロットについて...

Randonneur LIVE ヘルプ

ツイートした位置情報が、地図上にプロットされるようにするには、ツイッターの設定が必要になる場合があります。

 

iOS / Android 公式アプリからツイートする

特別な設定は不要です。 ツイートする時に

「場所アイコン」→ 場所をタグ付けする → 正確な位置情報を共有

とすれば位置情報付きでツイートされます。

 

Untitled    Untitled

 

外部アプリからツイートする場合

instagram、Swarm、Foursquare 等の外部アプリからツイートする場合は、以下のプライバシー設定を確認下さい。
この機能は初期設定でオフになっているため、位置情報を含める場合は「オン」に設定する必要があります。

ブラウザからツイッター「PCサイト」「セキュリティとプライバシー」を選択し「ツイートに位置情報を追加」にチェックを入れる。

手順は以下の通りです。

  1. ブラウザからツイッターの「PCサイト」に接続。
  2. アカウントのドロップダウンメニューから「設定」を選択。
  3. 左のメニューから「セキュリティとプライバシー」を選択し「ツイートに位置情報を追加」にチェックする。

スクリーンショット 2016-03-18 17.24.46

 

逆に位置情報がプロットされないようにするには、上記とは逆の設定・操作をしていただければツイートに位置情報は含まれません。

BRM312鴨川200 - AJたまがわ

自転車 ブルベ

今年、初めてのブルベを走ってきました。

3月になって早い所だと400kmも開催されるかというこの時期は例年通り。昨年はPBPイヤーだったこともあって1月からがつがつ走っていましたが、寒いのは嫌いなのです。

AJたまがわ 東葛班さん主催のブルベは初参加。

Untitled

5時過ぎにのんびり起きて、受付が始まった頃に到着。

ここ船橋港親水公園は、ららぽーとの裏、家から10kmという距離はこれまで参加したことがあるブルベで一番近いスタート地点です。ららぽーとのバイシクルセオは行きつけの自転車屋さんで、実はこの前の日にも来ました。 *1

…そして寒い。

真冬が戻ってきたかのような寒さです。最高気温は10度を越えず最低気温も3度という予報。これは日の出ている内に戻ってきたい。

スタート地点には見知った面々が集まっています。自分以外にも今日がブルベ走り初めという方がちらほらいて安心。

Untitled

今日の走行スタイル。ほぼ通勤仕様です。後輪のタイヤだけ新調しました。Panaracer Race D Evo3、グラベルキングと双璧(?)なパナの人気タイヤ。来月頭までこれで走るつもりです。具合によっては、BAJ2400はこのタイヤとも考えています。

Untitled

Untitled

6時半に一般の方々がはじめたラジオ体操に便乗したり、ブリーフィングでルートを確認したりしていると時間になりました。

Untitled

行ってきます。

まず序盤は裏道を抜けて茂原街道をめざします。自分が走る時には国道357号を走ってしまうことが多く、めったに走らないルートなので新鮮です。トラックも含めて交通量は多いのですが、357の方が速いんですよね。

Untitled

ちはら台の手前、房の駅がある交差点で右折。そこからしばらく行くとPC1。追い風気味ということもあって快調です。

Untitled

ここから大福山を超えます。たぶんここを通ったことがあるのは1〜2度。峠越えが砂利道で、ダンプの通行も多いんですよね。eTrex20 に表示されていた最高標高地点までの距離 2km が峠越えまでの距離だと思い込んでいたら、実は尾根沿いに 5km ほどありました。

Untitled

くだりは、そのダンプに捕まりました。
今日はちょっと路面が濡れていたので、対向車を気にせず後ろを気楽に走ることができるのを良しとしましょう。

Untitled

標高1000mを越える(弱虫ペダル標高)亀山ダムを渡って、

Untitled

鴨川有料道路は20円。PC1でお釣りで用意した10円玉、抜かりありません。

Untitled

鴨川でPC2。

普通ならここで昼飯です。食べるべきです。海鮮とか海鮮とか海鮮とか。
ただ今日は茂原にチェックしたお店があったのでそちらへ向かいます。あと50km! いまが11時なので13時過ぎくらいには着くでしょう。

Untitled

海岸に出るとすぐに清澄山を越えに入ります。

Untitled

入った途端に脚を攣りました。

左脚の太股の内側、どちらかというと引き足です。無駄に力が入ったか、水分補給が足りなかったか。ビンディングを外してペダルをまわすと大丈夫そうだったので、足を着くこと無く、なんとか前へ進むことが出来ました。

Untitled

清澄養老ラインは土砂崩れ等で通れないことも多く、この付近に来た回数を考えると思ったよりも走ったことがありません。なので走っていても微妙に記憶があやふやです。養老の交差点まで来て方向感覚を取り戻しました。

ずずいと北上してPC3。

…あ、ここって茂原の手前でしたっけ。地味に吹き続ける北風で予定より遅めの14時前、まだお昼は食べてません。あらためて地図で確認すると目的地は7km先です。よしっ補給は軽めに抑えていざっ、昼飯!!

…この軽めの補給が致死性だったとはこの時は思いもよらなかったのでした。

Untitled

そして思いもよらなかった昼飯はこれっ!

でかっ!?

ええと、茂原からちょい長柄寄りにある「金曜日」というお店です。

デカ盛りで有名なのは知っていました。
でも、それっと大盛とか頼んだ時でしょ? そういうお店、多いですし。そうじゃないお店もありますけど(船橋 クラウン、野田 やよい軒 etc.)

店内で視界に入る凄い盛り皿を見て、みんな大盛頼むんだな…まあ普通でいいか。なんて思ってたんですよ。だって、メニューに注意書きとかありませんでしたよ?

Untitled

そしたら、これ! 手加減無し!! 1kgとのこと。一瞬、考え込みました。これは時間がかかると。(少なくとも食い切れないとは思ってなかった)

しかし誤算でした、断念。

カレーは食べきったものの、サラダとみそ汁を残してしまいました。喉元一歩手前だったんです。お店の方、ごめんなさい。

はからずも、自分の身体の衰えを感じたひとときでした。さすがにこの量を食べるには準備と心構えが必要だったようです。

最低でも1kg重くなった身体をサドルに乗せて再出発します。

とはいえ残りは40km、この後通るちはら台おゆみ野は先々週「劇場版ガルパン4DX」を鑑賞しに来た時も通った道です。

千葉港ポートタワーを横目に通り過ぎるともうちょっと。本来ならこの後通った山崎製パンの工場の横はバターの香りが罠なのですが、お腹いっぱい胸いっぱいの私には抜かりがありません。全然平気です。

Untitled

ゴールは、ららぽーと手前のデイリーヤマザキ
ちょっとIKEAに立ち寄ってから、元の公園まで戻ってゴール受付でめでたく完走です。
受付は、一昨年の北海道1200以来、よくお世話になっているうわんさんでした。

Untitled

今年はその場で購入できる完走メダルもゲット! メダルのデザインは、PBPの翌年からリニューアルされます。

しかしここ、ふきっさらしで寒い。朝より寒いので、スタッフの方には申し訳ないと思いつつ家路につきました。

 

それにしても疲れました。昨年の9月以来、実に半年ぶりのブルベです。とはいえ冬の間もそれなりに乗っていたつもりだったのですが、やはり時間を気にして走ると違うのでしょうね。

次走は来週、3/20(日)「BRM320埼玉300 アタック愛鷹」です。結構な標高があります。

おまけ 「313 AJ Zwift 300」

ゴールデンウィークに走る予定の「Bike Across Japan 2400」、この練習も兼ねて連日で走ろうと、エントリーしたのが「AJ Zwift 300」です。この日のメインイベントは 600km でしたが自分は 300km、設定時間は「3/13 2:00 〜 20:00」1月からこれまで、200km、400km を完走したのでここでもSRをめざして穴を埋めるつもりでした。

遅れて3時に起きて12時間かかっても15時。それから今日やりたい作業をすれば…なんて考えてたんですよね。

しかし、前の晩は20時に寝て3時過ぎに起床。ここまでは予定通り。
でもお布団の魔力にとりつかれてしまって、走り始めたのは4時過ぎ。それも数時間経ってわかったのは「脚がまわらない」ということでした。

Untitled

休み々昼まで走ってやっと100km、さすがにこの時点で完走は諦めました。
サドルを外して作業をしつつ、終わってみれば 150kmで断念という情けない結果。まだまだ精進が足りません。

*1:ハブのフランジが欠けたGIANT MR4 の買い換えリアホイールを受け取りに。