読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひであ観察日誌

ひであの観察日誌です。自転車やペンギン、同人サークル「春うらら」の告知もこちらでおこないます。

ツール・ド・美ヶ原

自転車 ヒルクライム

6月最後の週末に、ツール・ド・美ヶ原へ参加してきました。
前から興味はあったヒルクライムで今年が初参加。梅雨のど真ん中で雨降りが危ぶまれましたが、ヒルクラ日和の中を走ることができました。

P6281463.JPG P6281465.JPG 

前日は昼頃に松本へ着くように、都内からスーパーあずにゃ…もといスーパーあずさ輪行

駅をでたところで腹ごしらえ。「とり麺や五色 とり二郎」。

IMG_7748.JPG 
コースは、いままで走ったことが無いルートなので受付を済ませた後、試走に。
…残念ながら小雨と霧が気になり始めて10km地点で折り返しました。それでも序盤の激坂と美鈴湖周辺のフラット、カーブや坂の雰囲気がわかったので良しとします。

夜は宿の近くにあったメーヤウでカレー充。

IMG_7773.JPG 

夏コミの原稿を1頁下書きして寝ました。

朝、路面は濡れていますが雨は上がっています。

IMG_7775.JPG

気温もちょうど良い涼しさ。ちょい腹の具合が悪くてトイレへ日参しましたが、スタート前に何とか落ち着きました。
スタートする頃には、日も照ってきます。

8時を過ぎてスタート! 浅間温泉の温泉街を抜けるまでは緩やかなものの1kmも行かないうちに10%を越える激坂が始まります。ウォームアップをしなかったからか、この厳しい激坂に脚が思ったように回りません。 20%近い斜度を越えると一息…、ついちゃいけないので踏ん張って出力を維持します。

P6281477.JPG

美鈴湖のフラットは、うまく着ける人に出会えず。フラットはあいかわらず速度がでません。ただ、そこまで絶え絶えだった息が整いました。先の坂が楽に上れます。

P6281485.JPG

もしかすると序盤の激坂のあと、少し休みを入れた方が良かったのかもしれません。

P6281511.JPG
この先は12kmほど、緩急取り混ぜた坂が連続します。 これがけっこう辛い。気を抜くと緩い斜面で出力が落ちてます。かなり落ちてました。

15km地点からは尾根沿いの道で4kmほど下り基調。 ただ、尻の筋肉が痛み、脚は美鈴湖の時よりもひどい状態で、普通ならついて行けそうな人の後ろでも踏ん張れず着いていけません。 だめだこりゃ~と思いつつ、最後の上りだけは踏み込んでゴール。

P6291525.JPG 

タイムは予想より10分も遅い、1時間21分。

これはフラットや下りを計算に入れ忘れた予想の出し方から間違っていたのもあるのですが、さすがにもうちょっと速く走れただろうと意気消沈。 脚は十分出し切っていて、この時点で明確な敗因がわからなくてもやもやしていました。

体調?*1 激坂で売り切れ?*2 緩坂で力を抜きすぎ? フラットで遅すぎ? z氏がいう、どちらかというとマスドレースが強い人向きの難しいコースということなのか?

どちらにしても、今の脚なら走り方次第で16分くらいで走れたんじゃないかなと思うといろいろ反省点が多かったヒルクライムでした。

9月の乗鞍でリベンジです!

P6291540.JPG P6291541.JPG

*1:前日からの腹具合の悪さで水分が足りてなかったかも。

*2:序盤、1時間10分のペースで走れてしまっていた。