読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひであ観察日誌

ひであの観察日誌です。自転車やペンギン、同人サークル「春うらら」の告知もこちらでおこないます。

全日本柔道選手権

これで,井上康生のオリンピック代表は無くなったかな?


全日本柔道選手権は,オリンピックも含めた数ある柔道の大会の中でも,一番大好きな大会。
なんてったって,体重別ではない無差別で「日本一」を決める大会ですからね。
なので,個人的には代表選考なんて言われるのは不本意だったり(笑)

準々決勝

第1試合,地味に鈴木が判定勝ち。


2試合目,高井vs井上。
井上は負けたけれど,重量級の技の掛け合いは最高に面白かったです。
となると無差別級の代表は,石井慧なのか,棟田康幸なのか?


第3試合。
石井が無理無理力ずくの一本!


最終試合は,先に技有りを取って攻勢に出る正田に,棟田が起死回生の支釣込足で一本!
正田の身体が,華麗に宙を舞いました。

準決勝

第1試合目。
正田が有効で先手,しかしここまでいまいち生彩を欠いていた鈴木が,ふわっとキレのいい小外刈りで一本勝ち!


第2試合目
アナウンサー「棟田,肘を捻ったみたいですが大丈夫でしょうが?」
篠原「大丈夫です,棟田はしょっちゅうこんな感じなんで」
篠原さん…
試合の方は,互いに技が出ない中,注意を受けた棟田が敗退,石井慧の勝つ為の巧者っぷりに棟田がペースを奪われた形になってしまいました。

決勝

そうか,決勝での鈴木vs石井の組み合わせは3年連続なんですね。
ちょっと失礼かもしれませんが,なんとなく意外な気がします (^^;)


石井すごーい!!
大内刈りの有効から,寝技に持ち込んだ石井の技の巧みさ。
1本まで後2秒で解けて,技有り。


鈴木の鼻血の止血の為に間が空いた後,残り4分23秒から再開。
ここから,石井が逃げに逃げて警告(技有り相当)まで受けながらも逃げ切りで優勝しました。


押さえ込みまでが良かっただけに,観る側としてはちょっとスッキリしない内容でしたが,これも石井慧のスタイルではあります。


さて不本意とは言いつつも,気になるのはオリンピックの超級の代表。
この試合内容だと,石井になるのか棟田になるのか微妙な所です。


しかし石井のインタビュー,優勝者へのインタビューじゃないな (^^;)


そして篠原の歯に衣着せない解説は,あいかわらず好き。

超級代表

石井慧に決まったそうです。
結果は結果ですし,棟田を直接下していることを考えれば順当なのでしょう。